なぜ企業が副業解禁を表立って認めないのか?隠された真の理由とは!?

 

本業の傍らで副業に励んでいる、ケイジです。

 

日本政府が労働者の副業解禁を企業側に促すように動き始めて、一年ほど経過しましたね。

しかし、未だに副業を解禁することを”認めない”企業は数多く存在するわけなんです。

その割合は実に8割以上なんだとか…

 

しかも企業側が述べるその理由が、

  • 業務に専念してもらいたいから
  • 疲労による業務効率の低下が懸念されるから

などという、一方的な理由だから呆れてしまいますよね。

 

副業を推進することによって、お互いに大きなメリットがあるにも関わらず、このような結果になってしまっているんですね。

そもそも「業務に専念してもらいたいから」というのは、副業うんぬん以前から積まれてる問題なんじゃないか?とも思えてしまいますが。笑

 

まぁそのことについて今回は深く掘り下げませんが、なぜ多くの企業がそこまで副業を解禁することに対して懸念をしているのか?その真の理由について、個人的な見解も交えてお伝えしていこうと思います。

副業解禁を認めない企業に勤め続けることで、あなた自身に”デメリット”が潜んでいることについても掘り下げてみたいと思います。

 

ケイジ
私もこのブログは副業から始めましたよ!

決められた業務を遂行することがサラリーマンの務めという固定概念

まずはこれです。

企業側からすると、「言われたこと」「決められたこと」を淡々とこなすことが美徳とされているケースが非常に多いんですよね。

 

副業を始めると、会社勤めしているだけでは決して味わうことのできない経験を豊富に積むことができます。

これは私も身をもって感じているところです。

→【個人で稼ぐ時代】サラリーマンが副業を始めたほうがいいシンプルな理由。

 

企業が求めている人材は、頭一つ飛び出ることもなく、でも最低限の実力を備えた人が欲しいわけです。

もちろん全ての企業がそうではないにしても、これはつまるところ、自分の思い通りに動く(動かせる)駒が欲しいということなんですよね。

 

副業を解禁してしまうと、そちらで試行錯誤を繰り返して成長していくわけですから、会社で言うことを聞かなくなってしまうことを懸念されているのかもしれません。

 

でもこれは、全くもって見当違いな解釈だと私は思います。

なぜかというと、新しく習得したスキルは、本業に活かすことはあっても、ころすことにはならないからです。

 

ちょっと考えてみれば分かることですが、副業で得た知識を本業でも取り入れてみたい、発揮してみたいという前向きな思いになるはずです。

人間というものは基本的に、誰かの役に立ちたいと思う傾向にあるからです。

しかし、そのような向上心をかえって”扱いにくい駒”として見てしまっている企業が多いからこそ、副業を解禁したくないのかもしれません。

 

「副業で疲弊して業務効率が悪化する」…これも同様に勘違いしています。

副業ではなく、ゲームやドラマに熱中して朝を迎えることや、終電を過ぎるまで飲み会でベロベロになっていることとでは、一体何が違うというのでしょうか。笑

それよりも、副業でビジネスの経験を積ませるほうが、よっぽど会社の為にもなります(ゲームは面白いからなかなか止められない!)

 

で、副業がある程度軌道に乗ってくると、成果もそれなりに付いてくるでしょう。

そうなった時のことも懸念している企業も少なくないはずです。

お金に余裕ができた人が会社を去ってしまうことを恐れている

サラリーマンが副業を始める理由として、

  • 自分の好きなこと、やりたいことを副業で叶える。
  • 会社を辞めても困らない程度のお金を副業で稼ぐ。

多くの場合、この二つに絞られます。

 

他にもサブ収入(5万円程度)が欲しいから、という理由の人も多くいるでしょうが、いずれは給料と同等かそれ以上の金額を目指すようになるでしょう。

その中でも、前者のような考えの人は少数で、後者のように経済的余裕を持ちたいと考える人がほとんどだと思います。

 

今ではモノが溢れるような時代になりましたし、メディア産業の進歩により裕福な人たちの生活を見聞きできるようになりました。

ブログやYoutubeでも、億万長者になった人が悠々自適に生活している姿を垣間見ることが出来るようになったんですね。そこに夢を抱くな、というほうが無理なんですよね。笑

それとは裏腹に、生活のために毎日仕事をして、コツコツ貯金して…..という、終わりの見えない働き方を脱却しようと考えるサラリーマンの人は数多くいるでしょう。

 

経営者と労働者は、事実上お金で繋がってますから、副業で十分な収入を得られてしまうと、立ち去られてしまう可能性が出てくるということですね。

まぁお金の繋がりが薄れてきただけで、果たしてそれが会社を退職する理由になるのかは疑問ですけどね。

 

副業である程度収入を確保できるようになったら、確かにそういう選択肢も出てくるでしょう。

企業側としては、それで辞められたら困るのは事実かもしれませんが、経済的理由で個人を縛り付けていいわけはありません。

しかし実際には、このような理由で副業を解禁したくないという企業も多いのかもしれませんね。

まとめ

「企業が副業解禁を認めない理由」をいくつか提起してみましたが、いずれにせよ企業側の一方的な理由であることは間違いないでしょう。

 

「会社に全てを捧げるべきだ!」というような、古い固定観念がそのまま凝り固まってしまっているようにも思えます。

既に新しい風潮がきているにも関わらず、それに乗り切れていない企業が多いという印象とも取れます。

 

今では副業解禁を認めない企業のことを、労働者側から見てブラックであるかどうかを見極める重要なポイントになりつつあります。

もしあなたが勤めている企業が副業を認めていないのであれば、それ相応の理由をしっかりと確認しておくべきです。

 

とはいえ、仮に企業側が認めていない場合でも、バレずに始められる副業もありますので、遠慮なくトライしてみてください。

→アフィリエイト初心者が月100万を稼ぎ続けるための具体的な手法をゼロから解説。

 

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

何かありましたら気軽に連絡、相談してみてくださいね。

こちらからどうぞ。お待ちしてます!