【換金可能】ゲームで稼ぐ時代に突入!最先端のゲームで楽しく稼ごう【副業OK】

 

みなさんこんにちは、複業ブロガーのケイジです。

 

ゲームで稼ぐと聞くと、ポイントサイトでちょこちょこ稼ぐ…とか、プロゲーマーになって本格的にやり込む…といったイメージを持っていたりしませんか?

たしかにそれでも収入を得ることは出来るかもしれませんが、長続きしなかったり参入の壁が高すぎたりして、続けるのが困難だったという経験もあるのではないでしょうか。

 

これまでの「ゲームで稼ぐ方法」は、既にもう時代遅れかもしれません。特に副業という面で見れば、作業が単調で物足りなかったり、逆にスキルが求められ過ぎて時間が取れなかったりしてしまいますよね。

なのでここでは最先端の技術であるブロックチェーンを使った、新しいゲームでのお金の稼ぎ方をお話ししたいと思います。

 

ケイジ
初めての方にもオススメのゲームを紹介してますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

最先端の技術ブロックチェーンゲームって?

そもそもブロックチェーンってなに?どんな技術なの?

という方には、仮想通貨(暗号資産)に使われている技術だと認識していただければOKです。

 

ここをもう少し詳しく知りたい方はこちらを参考にどうぞ。

ビットコインと円

暗号資産であるビットコインって一体どんなもの?今後に将来性はあるのかを分かりやすく解説します。

2019年4月14日

→暗号資産であるビットコインって一体どんなもの?今後に将来性はあるのかを分かりやすく解説します。

 

ブロックチェーンの特徴は、

  • 個人間(Peer to Peer)でやり取りが可能
  • 改ざんが極めて難しい、コピーができない
  • トラストレス(信用する必要がない)である

ということが挙げられます。

 

ブロックチェーンゲームがどんなものか簡単にまとめると、「ゲーム内のアイテムやキャラクターが資産価値を帯びる仕組みになっているゲームだよ」といったイメージになります。

ということはつまり、ゲームにかけたお金や時間がそのまま資産になり得るということ。

ここが既存のゲームにはなかった感覚だと思いますので、ここをもう少し掘り下げてお話しします。

ゲーム内の資産がなぜ現金として戻せるのか?

ゲームデータが資産価値を持つようになると、どんなことができるのか解説します。

まずはこちらの図を見てみましょう。

ウォレットと呼ばれる財布のようなものに暗号通貨(ETH)を入れておきます。そこから各ブロックチェーンゲーム内のマネーやアイテムと交換することができるようになります。

ゲームを本格的にやり込んでいくと、稀にレアアイテムやレアキャラを手に入れることができます。

ゲーム内のデータといえど、ブロックチェーンの技術により価値を帯びているので、ゲーム内通貨もしくは市場での取引が行なえるようになります。私もゲームを始めて30日目に2~3万円相当のアイテムを手に入れることができました。

 

今のところゲーム内で取引するだけだと、どうしてもゲーム内通貨と交換するだけになってしまいますが、市場(opensea等)と呼ばれるところに出すことができれば、暗号通貨(ETH)での取引が個人間で行なえます。

つまりゲームからウォレットにETHで戻すには、いったん外部で取引してあげる必要があるということですね。

で、それを国内の取引所で換金すれば再び現金として手にすることができる、というような仕組みになります。

 

はじめは少し複雑に感じるかもしれませんが、やっていくうちに少しずつ慣れてくると思います。

ブロックチェーンを使ったサービスはまだまだこれから拡大していくので、より利便性の良い形に進化していくようになるはず。

さらに市場が活性化していけば、私たちの生活の中にもETHでの支払いが可能なサービスも増えてくるでしょうから、少し触っておくだけでも勉強にもなるので一石二鳥です。

ブロックチェーンゲームでオススメのゲームとは?

ブロックチェーンゲーム初心者にオススメのゲームをいくつか紹介します。

無課金で始められるもの、日本国内でリリースされているもの(日本語版)なので、誰でも安心して始められますよ。

ちなみにいずれもイーサリアムで動くゲームなので、ETH(イーサ)が暗号通貨になっています。

MyCryptoHeroes(マイクリプトヒーローズ)

ブロックチェーンゲームは数多くありますが、その中でも国内規模が一番大きいMyCryptoHeroes

通称マイクリがオススメのタイトルです。

 

歴代の英雄(ヒーロー)をキャラクターとして扱い、それぞれに装備(エクステンション)を整えさせて戦わせる、というシンプルでありながら奥の深いゲームに仕上がっています。ドット絵も可愛いのが特徴。

基本はオートバトルになっているので、それぞれのクエストや対戦相手によって事前に戦略を練り、準備を整えていくことが非常に重要なゲームです。

 

また、コミュニティーも賑わっているので分からないことがあれば何でも相談できる環境も整っています。

最近では情報もかなり多くなっているので、ブロックチェーンゲーム初心者にはうってつけのタイトルですね。

 

すぐにでも始めたいという方には招待コード【XmUc】を入れることで、プレゼント限定ヒーローも入手できるのでお見逃しなく。

一人ひとりのヒーローがとても貴重なゲームですので、入力し忘れがないように登録してみてくださいね。

 

くりぷ豚(くりぷとん)

イーサリアムで始められる育成レースゲームくりぷ豚です。

チュートリアルがしっかり作り込まれているので、初心者でも迷わずにゲームを始められます。

 

ゲーム内容は豚ちゃんをトレーニングしたり、配合させたり、オーナー同士レースで走らせて競わせるゲームです。

レースでは、プレイヤー自身もボタンを連打して一緒になって応援できたりするので、子供でも楽しめる作りに仕上がっていますよ。うちの息子も「いけいけー!」と張り切ってました。笑

 

「くりぷとん」をお見合いさせて配合することで、3京6,000兆通りもパターンがある豚ちゃんが作れるそうです。

自分オリジナルの豚ちゃんを作るのもよし、見たことのないレア豚ちゃんを手に入れて売却するのもよし、ぜひ自分のスタイルに合わせてゲームをプレイしてみてくださいね。

 

CryptoSpells(クリプトスペルズ)

同じくイーサリアム上で動くTCG(トレーディングカードゲーム)の一つクリプトスペルズです。

2019年4月にオープンβテストがあったばかりの期待の最新作。もちろん国産なので日本語バッチリです。(※現在BETA段階になります。)

 

カードは【赤・青・緑・白・黒】の5種類の文明と【中立カード】に分かれていて、種族も【ビースト・エルフ・ソルジャー・ドラゴン・魔法使い・天使・悪魔・スペル】の8種族に分かれています。

カードのレアリティもランク付けされているため、組めるデッキ構成が多種多様でありながらも試行錯誤する楽しさがありますね。

個人的にはスマホアプリの「ドラクエライバルズ」に似てるなと思いました。

 

既存のTCGとの差別化がどこまで出来るかは今後次第にはなるでしょうが、まずゲーム自体にブロックチェーンが採用されている時点でカード自体に価値が出ているのは画期的です。

現実のカードでも世界に数枚しかないカードと言えば高値が付いていましたが、それがゲーム内のカードでも同様な現象が起きるということですね。

 

ここまでの話しでワクワクしちゃうTCG好きの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

これまでのゲームは、どんなに最強を目指したりお金を貯めまくっても、それは単なるデータでしかありませんでした。

しかしブロックチェーンゲームは、仮想でありながら現実と同じように価値を帯びている世界となっています。

ただのアンケートやルーレットでポイントが稼げるようなゲームとは、一線を期していることが納得できるのではないでしょうか。

 

ではもう一度、初心者にオススメの3つのタイトルをまとめておきます。

この他にもいくつかブロックチェーンゲームはありますが、まだ開発段階であったり海外のゲームが多いので、まずはこのいずれかから始めてみるといいでしょう。

慣れてくれば海外のゲームでも遊ぶことができるので、興味があれば触ってみるといいかもしれませんね!

 

では最後までお読みいただきありがとうございました。